四国お遍路

田渕義雄 特任大先達(父)連れられ四国遍路の地を踏んではや60年

巡り合わせで遍路の会、大阪楽心会の会長を拝命させて頂いてからは、父田渕義雄の志を継ぐのだという気持ちが芽生えてきました。それからは会の皆さまや別動隊(極寒極暑歩き遍路、温泉グルメ遍路)と共に年に10回以上、四国遍路・西国札所に足を運ぶようになりました。

父は四国88ヶ所のお寺に燈明台や納札箱を寄進して回っていましたが、何十年も経ち相当傷んできているので、それを修復してガラス戸など取り付けて奉納する燈明台プロジェクトを会の皆さまの力を借りて続けています。

父が四国で始めたもう一つこと、昔はお遍路するにも風呂敷包みやずた袋(さんや)、木箱のようなものしかありませんでした。そこで試行錯誤を繰り返し、ビニール素材を使った線香やローソク、納札を一式入れるバッグを作り(参照)お寺、お遍路用品販売店などに置かせてもらいました。

それも後をついで私がやらせて頂いていますが、お寺さん、販売店さんとは60年のお付き合いになります。

お遍路バック、特任シリーズとしてご用命頂いています

四国八十八ヶ所を巡る旅はこれからも続けるのですが、皆さまと共に歩んできた巡拝用品「特任」をずっと扱って販売して下さっている方々に直接会ってお礼を言いたい、、それも私の巡礼だろうと思うのです。

同時に父の足跡を辿りながらも自分自身のお遍路を求めるのです。

お大師さまの縁で結ばれた、その縁を辿る私の旅・遍路です。

田渕雄三

<<目次>>

四国八十八ヶ寺お遍路
四国別格二十ヶ寺お遍路
関連リンク
└→よしこちゃんの遍路修行日記

 

通信欄

2017/08/19